トイアンナさんが回答する、恋愛のお悩み3本立て【園子の部屋#6】

編集者/ライターの池田園子が、そのときどきで気になる人、話を聞きたい人に会いに行く連載企画「園子の部屋」。第6回目は恋愛コラムニスト、マーケターのトイアンナさん。外資系企業に勤務していたころから現在にいたるまで、900人を超える女性の相談を聞いてきました。現在も恋愛相談を受け付けています。数々の恋愛相談に回答してきたトイアンナさんに、Googirl読者が抱えている恋愛の悩みをぶつけてみました。 「出会いがない」への処方箋 池田: まずは、よく聞く「出会いがない」というお悩みです。 トイアンナ: 先日、仕事で某私大へ行ったんです。学生と話していると「出会いがないです」って言われて、えっ!? となりまして。 池田: 医学部など理系学部を除くと、男女は同じくらいいますよね。絶対に出会いあるよ(笑)! トイアンナ:そんな状況でも、人は出会いがないと感じるんです。そこでいう出会いって、「好みの相手が偶然、自分にアプローチしてくれる」出会いに限定されているんですね。 池田: そんな都合のいい話があるものか……。 トイアンナ: 現代社会では、統計上、7割が草食系男子です。 周りの男性で想像するトレーニングを 池田: 待ってても来ませんよね。 トイアンナ: 出会いたいなら自分が動くしかないし、出会いを意識した行動を起こそう、と伝えています。 池田:たとえば? トイアンナ: 学生にはクラスメートを、社会人には同期や同僚を見て、「○○くんとは付き合える」「xxくんとは体の関係まではいける」みたいに、想像してみるんです。 池田: 面白い。 トイアンナ: 恋愛対象の性をそういう意識で見ない限り、どんなに男性がいる場にいても、出会いがないと思ってしまいます。そこで、もし「○○くんはアリ」と思えたら、出会いのスイッチが入ったってことですよ。 「2回目がない」への処方箋 池田: 続いては「2回目のデートにいたらない」というお悩みです。一度きりで終了するパターンも珍しくないようで。 トイアンナ: 傷つく人もいるかもしれませんが、傾向として「話が面白くない」のが、次につながらない理由なのかなと。 池田: かといって、芸人さんばりに面白い話をしましょう、というわけではないですよね。 トイアンナ: 私たちに必要なのは相手の話を受けて、反応して、次の話題につなげるスキルです。 池田: 「はい」「そうですね」だけで返しても、会話、続かないですもんね。盛り上がらない話を振ってこられるのも困りますが。 簡単にできる話術を磨くトレーニング トイアンナ: 先日、ひとりでランチしていたとき、隣に敬語で会話する男女がいたんですね。マッチングアプリで出会った人たちなのかな。男性が女性に「大学で何を専攻してましたか?」って質問したのには驚きました。 池田: 社会人になってその話題……ちょっと広げるの難しいですね。 トイアンナ: 話題に困ると仕事の話をする男性もいますよね。「彼女も社会人だから仕事の話をしておけば問題ないだろう」っていう思考で。 池田: 初デートでガンガン仕事の話をされても、上司とか同僚と喋ってる気分になっちゃいそう。 トイアンナ: そういう事例をいろいろ聞くので、女性にも話術が求められていると、私は思います。接客業の友人から学んだり、雑談力を磨く本を読んだりして、会話の技術を習得するのがおすすめです。 「付き合う前にセックスしたら終わった」への処方箋 池田: 最後は少し重めなお悩みを。相手とセックスしたあと、「連絡が取れなくなった」「音信不通になった」と悩む方もいます。 トイアンナ: 結論から言うと、男性が付き合いたいと思うかどうかは、セックスしたか・しないかによって変わりません。セックスした=付き合える、と捉えていると、傷つくことが多いですよ。 池田: 恋愛感情抜きでセックスできる人はたくさんいますからね。 トイアンナ: […]


記事を読む