いくつ知ってる?緑もえる季節にそっと葉を落とす、日本の常緑樹『常磐木』

四季を通して青々と茂る「常緑樹」。日本では古くから永遠の若さの象徴『常磐木(ときわぎ)』として親しまれてきましたが、植物ですから、四季とともに成長しています。冬を越した春、新芽へのバトンタッチを終えて、または、秋の鮮やかな紅葉にまぎれて、古い葉を静かに落とし、常盤木にも世代交代が行われていること、ご存じでしたか?


記事を読む