今日から始めたい!「どんどん貯まる」簡単マネーノートの作り方

お金を貯めたいと思っても、なかなか簡単に貯められるものではありませんよね。ただ家計簿をつけただけでは何も変わりません。そこで今回は、だれでも簡単に取り組める、お金を貯めるための「マネーノート」の作り方についてご紹介します。皆さんもノートを1冊用意して、ぜひ試してみてくださいね。 毎月・毎週の予算を考える まずは予算を書き出します。収入から大まかな1か月の出費と貯金したい金額を差っ引いて、残った金額があなたが自由に使えるお金ですよね。それを、4週間の月なら4で割って、5週目まである月は5で割ると単純に1週間の予算が出来上がります。その予算を超えないように、計算しながら1週間を過ごしてください。1週間の予算が1万円なら、「週末の飲み会で4,000円、お化粧品を買いたいから6,000円は残しておきたいな」とか「今週は使いすぎちゃって残り2,000円しかないから、ランチのお誘いはまた来週にしよう」などと調整をしていきます。予算の中でうまくやりくりできるよう、毎日の生活を工夫していきましょう。 使ったお金を書き出す 毎日使った金額をノートに書き出しておきましょう。家計簿のような感覚でつけると続かないので、ゲームの作戦を立てる感覚でつけるといいですね。「今週の残り4,000円を何に使うと一番幸せになれるか」と考えてみたり、「なんとかこのランチ代を浮かしたいな」と作戦を練ったりするのも楽しいですよね。マネーノートをつけるときには、必ず自分が楽しめるようなしくみを作ってください。ゲームを攻略するときのように、楽しみながらお金の使い方戦略を考えて実行すると達成感もありますし、計画性も身についてきますよ。 1つ1つの項目にムダかムダじゃないか書く 使ったお金を書き出したら、それら一つ一つに「ムダ」「必要」と書いていってみてください。その出費が、自分にとって本当に必要な出費だったのか。それとも、ムダな出費だったのかが一目瞭然です。もし、「ムダ」と書いた項目が3分の1以上あった場合、いますぐ「ムダ遣いするクセ」を直さなければなりません。自分がムダ遣いしているか、していないかというのは、普段生活しているだけではなかなか見えてきません。冷静な状態で自分の支出を客観視することで、ムダ遣いかそうでないかが見えてくるものです。そして、ムダ遣いしていることに気が付くという過程がない限り、ムダ遣いを減らすことはできませんよね。その過程がココということになります。 まとめ いかがでしたか。自分なりにお金のことを考えるとき、思いついたお金のステキな使い道やいい節約アイデアを書いておくノートがあると、それだけでお金に対する意識が変化します。その中で自分なりに、節約してお金を貯めるということが習慣になるといいですよね。皆さんもぜひやってみてくださいね。 あわせて読みたい ●●を見ればすぐにわかる!「いい女」に共通する3つの条件 今年こそ貯める! 挫折知らずの貯金ができる人になるたった2つのルール お金が貯まる人がしていること、貯まらない人がしていること! 貯金箱を使って、毎月ユニークに貯金する方法 ストレスフリーにお金を貯める! 貯金体質な人が自然とやっていること5つ


記事を読む